読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cream soda

音楽について考えていることやライブレポートを書きます

10/18 MAZRIの祭 @日比谷野外音楽堂

2013年の閃光ライオットぶりに、野音へ。

野音は開放感があり飲食ができるというのもあって、他のライブ会場よりもフリーダムな感じがする。ステージとの距離も近め。

10月18日。この日はThe BirthdayThe Birthdayの元メンバー・イマイアキノブによる対バンが行われた。

普通のバンドだったらなかなかできない対バン。これが実現できてしまうのがイマイアキノブのすごいところだよなぁ。

観客の年齢層は少し高め。(私からすると、ね)武道館同様、ビールを片手に持つ人が多かった。

指定席ということもあってか、子供連れも目立っていた。

開演時間を少し過ぎ、主催者から「The Birthday!!」と紹介がありメンバーが登場。相変わらず全員ボタン開きすぎ。ボーカル・チバはいつものハットは被っておらず、サングラスをかけての登場だった。

~SET LIST~

Buddy

FULLBODYのBLOOD

ダンスナンバー

なぜか今日は

WALTZ

COME TOGETHER

I KNOW

くそったれの世界

MOTHER

~~~~

この日もチバの謎MCが連発。

キュウ「The Birthday今年ラスト野外です。一度も雨に降られませんでした。」

チバ「農家の人からしたら嫌なバンドだよねぇ」

 

チバ「野音野音…あ、間違えた。MAZRIの祭だ。」

これには観客がざわつくのはもちろん、メンバーも笑いをこらえられてなかった。

が、ジェスチャーで「しー」とやって、「とんでもないうたが♪」と歌いだす。「くそったれの世界」の始まりは何度聴いても鳥肌。

通常運転なThe Birthdayに続くはイマイアキノブバンド。私、恥ずかしながら初のイマイ。

この日はサポートにa flood of circle佐々木亮介、Drop'sの中野ミホ、福原美穂という豪華メンツが揃うとあり、期待も高まる。

イマイのソロ曲が続々と披露され、いよいよ後半戦かというところで佐々木がステージに。

グッズの風車を手に、紳士的なお辞儀(でももう片方の手には缶ビール)をする佐々木がなんだか愛おしかった。

イマイ「♪帯広帰りだよ~」

佐々木「♪ただいま~」

イマイ「♪帯広帰りだよ~」

佐々木「♪イマイさんに呼ばれたら行かないわけないでしょ~」

なんてやりとりをする2人は本当に仲が良さそう。

イマイ「この曲、19歳のときに作ったんだけどなんかやることになっちゃって」

佐々木「オレこの曲大好きですけどね^^」

こいつ…あざとい。笑

2曲ほど二人でやって、イマイの紹介で「美女」がステージに参加。

可愛らしい見た目の中野ミホちゃんの声には度肝を抜かれた。ギャップがすごい。

あとから自分と同い年くらいだと知ってドキドキしてしまった。

そして、「算数の話をしよう。缶ビール1本、350㏄?その×10で3500、それが30日で、×12か月、×10年。50t?…これまでに50tのビールを飲んできた男、チバユウスケ!」と紹介されてチバの登場。なんと衣装チェンジしていた。今度はちゃんとチバハットを被ってきた。

そして豪華メンバーでMidnight Bankrobbersの「OH! BABY DON'T CRY」。

クライマックス感がすさまじかった。

チバの隣で佐々木がギターを弾いてる、ミホちゃんが歌ってる!イマイのギターでチバが歌ってる!という事実に泣けてきてしまった。

とても貴重な空間にいられたことを誇りに思う。

この後イマイが一人で数曲披露、アンコールも一人で演奏。アンコールで再登場!におそらくみんな期待していたがそれは実現せず。

最高の夜をありがとう、MAZRIさん。