cream soda

音楽について考えていることやライブレポートを書きます

映画『貞子vs伽揶子』を観た!~ビビりがホラー映画デビューしました~

今更ながら、『貞子vs伽揶子』をみてきた!

そもそもどちらかといえばチキンだし、これまで、ホラー映画を観たいと思ったことすらなかったのですが。

 

www.m-on-music.jp
www.m-on-music.jp

 

この『みんなの映画部』を読んで、「こいちゃんがそんなに言うなら見てみたいなぁ」と思ったのがきっかけでした。

 

とはいえ、ホラー超初心者の私にとって、

貞子…井戸に生息?髪長くて白い服でテレビから登場する。「♪くる きっとくる」

伽揶子…だれ?呪怨ってあの「あ”あ”あ”…」って言う男の子じゃないの?

というイメージしかなく、(我ながらひどい)こんなんで観に行って大丈夫なのか?というかやっぱりこわい!と、いろいろ妄想してたら前日は眠れなくなりました(笑)

 

そんなホラーへの意識低い系JDがホラー映画デビューしたところ。

 

 

 

結論:

めちゃめちゃ面白い。

ホラーへの免疫や知識がない初心者にも親切な設計になっていて、お化け(!)が出るシーンではちゃんと「今からきますよ~」と無駄にデカい音でアピールしてくれるので、それなりに心の準備ができます。笑

もちろん、急に出てきて脅かす!というパターンも0ではないですが。

 

前半は、各お化け(!)に怯える美少女たち(玉城ティナちゃん美しすぎ問題)をそれぞれ描いていて、普通にホラー。

いや、ツッコミどころは数えきれないほどあったけど。水責めビンタシーンとか。

後半は、怪しげな霊媒師?二人組(ブラックジャックピノコ説を支持)が、予告編にもあった「化け物には化け物をぶつけんだよ」という名言を吐き、美少女2人が呪いの家で呪いのビデオを観るという暴挙に。

ホラー初心者の私でもさすがに、「え?それで解決するのか…?大丈夫か!?」と心配になりましたが。

 

オチは言いませんが!最後の最後までちょっとクスリとくる展開に、絶賛したくなる気持ちも分かる。

 

そして、観てるうちにだんだん俊雄くんが可愛く思えてきちゃって…これってもしかして、恋?!

しかし、“呪いのビデオ”っていうと怖いのに、“呪いのDVD”だと全然怖くないのはなんででしょう…時代の変化にちゃんと対応してる貞子氏、素晴らしい。そりゃ森繁教授にモテるわ。

 

ちなみにEDの『呪いのシャ・ナ・ナ・ナ』も名曲。歌詞も相当寄せてきてるし、このMVとか悪ノリがすぎる。

youtu.be

 

ということで、『リング』も『呪怨』も全く観たことがなくてもちゃんと楽しめる傑作でした!夜もちゃんと寝れたしトイレも行けたよ!

ビビリだけど、これを機に他の作品にも手を出してみようと思います!でも、1人で観るのは無理なので、誰か付き合ってください!笑